太陽光発電をお考えの方
再生可能エネルギーの固定価格買取制度
太陽光発電とは
住宅への設置をお考え方
事業所への設置をお考えの方
太陽光発電の導入
太陽光架台の保証制度(NEW)
エネカリ(初期費用0円)とは(NEW)
  • お知らせ
  • 設置・導入例
  • FAQ

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

平成24年7月1日より 再生可能エネルギーの全量買取制度が始まりました

住宅の屋根、御社の屋根、遊休地で発電した電気を収益にすることができます。

これからの時代は太陽光で電力を創り出し、発電した電力で自給自足する時代です。

電力は買う時代から創る時代へ

再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギーとは、法律(※)で「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」として、太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、大気中の熱その他の自然界に存する熱、バイオマスが規定されています。再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。
(※)エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律。

固定価格買取制度の仕組み

固定価格買取制度は、2012年7月1日に始まりました。
再生可能エネルギーで発電された電気を一定価格で電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する制度です。

全量買取制度とは

電力会社の系統に送電された電気の量のすべてを20年間電力会社に売ることができる制度です。

余剰買取制度とは

太陽光発電による電気が、自宅等で使う電気を上回る量の発電をした際、その上回る分の電力を10年間電力会社に売ることができる制度です。

ページの先頭に戻る
本社:愛知県高浜市碧海町二丁目3番地26 MAP
半田物流センター:愛知県半田市潮干町1番44 MAP