三河窯業試験場運営協議会の技術講演会に都築城二社長が登壇

このたび、愛知県陶器瓦工業組合 産業技術センター三河窯業試験場におきまして、三河窯業試験場運営協議会主催の技術講演会が開催されました。講演会では、当社取締役代表の都築城二が講師として招かれ、愛知県陶器瓦工業組合をはじめ地元の業界団体・議員、碧南市、高浜市、半田市、三河窯業試験場等の公的機関などの会員へ向けて「太陽光パネルの動向と屋根材への影響」をテーマに講演しました。

講演では、太陽光発電の普及推移や屋根材別の出荷動向、今後の販売トレンド(ゼロ円スキーム、V2H)、処分問題などの課題を紹介し、また、社長自ら現地調査した台風15号による被害状況も報告し、会員の関心を集めました。

屋根を取り巻く環境や課題、クリーンエネルギーの展望を各業界が共有することで、時代のニーズに合ったよりよいサービスと、快適で安心安全な暮らしを提供できることを、業界のトップリーダーとしてこれからも提案してまいります。