屋根技術研究所とは
屋根技術研究所の強み
商品開発の歴史

商品開発の歴史

屋根技術研究所のはじまり

創業者の都築巌は、三州瓦の産地高浜市で屋根瓦の施工と修繕の職人として修業したのち、1968年に創業した屋根工事請負業を前身とし、1975年に屋根技術研究所を設立しました。

修業中、台風や地震などの自然災害による屋根修理を手がけるうち、「台風で吹き飛ばされず、地震でもすべり落ちることのないような災害に強い瓦の施工法はないだろうか」と考えるようになりました。1968年の独立と同時に瓦工法の研究開発を始め、「世界に誇る日本の瓦を災害から守りたい」という一心で台風や地震の被災地を回り、瓦が吹き飛んだ原因や破損度合いを調査しました。

日本の屋根瓦の伝統を守りつつ、自然災害に強い屋根工事法の「金釵釘(きんさくぎ)」や「強力棟(きょうりょくむね)」等の防災金具を商品化し、その施工工法も普及してきました。1989年には、瓦の上にビスを打ちつけて固定する金釵瓦工法を開発し、“瓦設置の安全性を保証した日本初の技術”として広まりました。また、国内で初めて瓦の引っ張り試験機を導入して以来、評価試験機材・施設を自社所有し製品評価を重ねることにより、製品の品質・性能への高い信頼を得ています。

経営方針の展開~太陽光発電との出会い~

住宅用太陽光発電システム設置に対する補助金制度が開始された1994年、住宅向けの太陽光発電パネルの設置が本格的にスタートしました。

「屋根のことは屋根職人に」と、太陽光パネルの屋根への設置に難航していたメーカーや電力会社が屋根技術研究所を訪れました。「瓦を取らずにあらゆる屋根に設置する方法を考える」という原案のもと、業界に先駆けて「支持瓦」工法を開発しました。この工法は、防水性・耐風性・施工性・安全性・メンテナンス性にも優れ、太陽光パネル設置において国内最多の採用実績を誇り、一般家庭への太陽光発電システムの普及を支えています。

さらなる発展へ~伝統とイノベーションの融合~

太陽光パネルの設置方法について、多くのメーカーとの共同開発は続き、日本国内販売を見込んだ海外メーカーとの開発も行っています。さらに改良は進み、瓦に架台を取り付け、パネルをその上に設置する方法が開発されました。現在多くのメーカーが独自設置法を採用していますが、それら全て屋根技術研究所の技術の流れを汲んでいます。現在では、スレート屋根、板金屋根等さまざまな屋根の架台開発を行い、また、標準的な工法が適用できない特殊な工法の開発も行なっています。

屋根技術研究所は「屋根の総合プロフェッショナル」として、これからも伝統を守りつつ、暮らしを豊かにするためのイノベーションを追求し続けます。

ページの先頭に戻る
本社:愛知県高浜市碧海町二丁目3番地26 MAP
碧南物流センター:愛知県碧南市六軒町一丁目17番地1 MAP
半田物流センター:愛知県半田市潮干町1番44 MAP