屋根技術研究所とは
屋根技術研究所の強み
商品開発の歴史

屋根技術研究所とは

金釵工法展示会
ソーラーベンチ
強力棟
支持瓦

創業と防災工法

当社は三州瓦の産地高浜市に瓦葺き職人であった都築巌が昭和43年に創業した屋根工事請負業を前身とし、昭和50年に設立された会社です。創業以来、日本の屋根瓦の伝統を守りつつ、自然災害に強い屋根工事工法の開発を行って来ました。「金釵釘(きんさくぎ)」や「強力棟(きょうりょくむね)」等の防災金具を開発して来ました。

経営方針の展開

「屋根ステージの創造を通じて暮らしを豊かにする」という経営方針のもと、屋根の緑化、太陽熱温水器や太陽光発電パネルの設置等の技術開発を行って来ました。また、愛知万博では、来場者に癒やしを提供する「ソーラーベンチ」を出展しました。

太陽光発電との出会い

日本の瓦屋根に太陽光発電パネルを安全に設置する架台開発のパイオニア企業として、「支持瓦」を開発しました。現在ではスレート屋根、板金屋根、折板屋根、陸屋根等の様々な屋根の架台開発を行い、さらに標準的工法が適用できない特殊な工法の開発も行っています。

当社の架台が標準採用される理由

屋根に関する困りごとの駆け込み寺的な存在が屋根技術研究所なのです。それらの個別工法を標準工法というソリューションにまで磨き上げ、かつ量産供給体制を構築して来ました。その結果当社の太陽光発電架台が、国内外の多数の太陽光パネルメーカーに評価され、標準部材として採用されています。

伝統とイノベーションの融合

伝統を守りつつ、暮らしを豊かにするためのイノベーションを追究し続けることこそ、屋根技術研究所に課せられた使命だと考えています。防災と環境に配慮した魅力ある商品を提供するための技術者集団、それが屋根技術研究所であります。

ページの先頭に戻る
本社:愛知県高浜市碧海町二丁目3番地26 MAP
碧南物流センター:愛知県碧南市六軒町一丁目17番地1 MAP
半田物流センター:愛知県半田市潮干町1番44 MAP