固定価格での買取期間が、2019年11月以降、順次満了します。

2009年以降に太陽光発電で売電しているみなさまへ

太陽光発電でつくられた余剰電力(住宅用)を買取る買取制度には、10年間の買取期間が設定されています。2019年11月より、この買取期間が順次満了を迎えます。

詳しい内容は下記をご確認ください。
経済産業省資源エネルギー庁「固定価格買取制度についての大切なお知らせ」
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/index.html

では、10年以降はどのようになるのでしょうか。
10年の期間満了後は、電気事業社は法律に基づく買取義務が無くなるため、売電価格は大幅に引き下げられると推測されています。
一方、太陽光パネルそのものの寿命は20~30年と言われており、せっかく取付けた太陽光発電を放置せず、また安い単価で売電するよりも、発電した電気をできるだけ多く自家消費することが有効となります。

屋根技研では、「電気をつくって、ためて、賢くつかう」自給自足型をご提案し、太陽光で発電した電気を蓄電池や電気自動車へ蓄え、電気代の高い時間帯に自家消費したり、走ったりするのに使うことをお奨めしています。蓄電池やV2H(電気自動車に充電・給電する)、エコキュートなど、これからの蓄エネ策や節電策についてのご相談を承ります。