こどもを危険から守るために

「キッズセーフティマップ201803(高浜市版)」が高浜市、高浜市教育委員会、協賛企業により完成し、市内の小学校へ通う児童全員に配布されます。

「キッズセーフティマップ」は、地図を通して、こどもに自分の住む地域の「危険な場所」や「安全な場所」を知ってもらうとともに、危険を避ける方法や判断力を、こども達自身が身に付けるために役立てられています。この特徴は、自分の住む地域を自分で調べて、その情報を自ら地図に書き込む「自作型」です。
授業やご家庭などで自分の住む街を再確認し、ひとりひとりが防犯意識を高めるきっかけになればと願っています。

屋根技研は、マップ制作協賛のほか、「こども110番の家」として登録するなど、安心安全なまちづくりに積極的に取り組んでいます。